どうも。露崎です。


最近、「100記事書けばブログが上位表示される」というような風潮があるようですね。


この記事を読んでいるということは、

「100記事書けばブログが上位表示されるようになるのか?」

あなたもこのことが気になっている、もしくは知りたい、ということだと思います。


ということでこの記事では、
「100記事書けばブログが上位表示されるようになるのか?」ということについて、
わたしなりの考えをお話をします。


あくまでもわたしの主観にはなりますが、
妄想や空想のような話ではありませんので、
あなたも納得できるはずです。


もしこの記事を読み終わっても納得できないようでしたら、
この記事の内容は参考程度にとらえていただければと思います。




「100記事書けばブログが上位表示される」という法則は存在しない。

先に結論を言ってしまうと、
「100記事書けばブログが上位表示される」という噂話のようなものはあるようですが、
そんな法則は実際には存在しないと思います。


「思います。」という歯切れの悪い言葉を使いましたが、
その理由は自信が無いからではありません。


単純にわたし自身がGoogleの関係者ではなく、
「100記事書けばブログが上位表示されるという法則は存在しない」という客観的な根拠を持っていないため、
断定的な表現ができないというだけです。


ただ、断定的な表現ができないというだけで、
「100記事」という記事数そのものにはまったく意味がないということには100%の自信を持っています。


「100記事書けばブログが上位表示される」という法則が存在しない理由。

「100記事書けばブログが上位表示される」という法則が存在しない理由は、
検索エンジンの検索結果における記事の表示順位の決まり方にあります。


記事の表示順位は検索エンジンによってキーワードごとに相対的に決められており、
その評価規準は記事数ではありません。


検索エンジンによる記事の評価規準がわかれば、
「100記事書けばブログが上位表示される」という法則はないことがおわかりいただけるはずです。


「記事の表示順位は検索エンジンによってキーワードごとに相対的に決められている」ということと、
「検索エンジンによる記事の評価規準」について順番にお話ししていきます。


記事の表示順位は検索エンジンによってキーワードごとに相対的に決められている。

ブログ記事の検索結果における表示順位は、
検索エンジンによって「キーワードごとに」、「相対的に」決められています。


「キーワードごとに」というのは、
例えば、ダイエットの方法について書かれた記事があったとして、
その記事は「ダイエット 方法」というキーワードで検索されると15位に表示され、
「ダイエット」というキーワードで検索されると200位に表示されるというように、
「同じ記事でも検索キーワードによって表示順位が変わる」ということを言っています。


また、
「相対的に」というのは、
「他の記事と比較されたうえで」ということです。


「他の記事」というのは、
あなたのブログ以外のウェブサイトに書かれている記事は当然として、
あなたのブログに書かれている他の記事も含みます。


つまり、
あなたの記事の表示順位は、
あなたが書いた記事1つとインターネット上にあるすべての記事が検索エンジンによってキーワードごとに評価・比較された結果として決められているということです。


そして、
ここがややこしいポイントになるのですが、
検索エンジンによる記事の評価・比較は記事単体同士のみで行われるわけではなく、
その記事を含むブログそのものの力も記事の比較に使われています。


この「その記事を含むブログそのものの力も記事の比較に使われている」ということが、
「記事数が増えればブログの力が強くなる」ということになり、
記事数の具体的な数として「100記事書けばブログが上位表示される」というような話につながっていったんだろうと思います。


そのため、100記事という数字そのものには意味があるとはいえません。


ただ、100記事という具体的な記事数そのものには意味がなくても、
多くの人が、記事の数が増えれば上位表示されやすくなる傾向があると感じるのは理解できます。


なぜなら、
記事の数が増えれば増えるほど、
そのブログが「Googleがブログに対して高評価を与える基準に当てはまる確率が上がる傾向にある」ためです。


Googleによる記事の評価規準。

Googleは200個以上の要素をもとに記事の評価をしていると言われています。


ただ、その200個以上の要素がすべて同じ重みを持っているわけではありません。


特に重要なものが2つあります。


それが、「コンテンツ」と「被リンク」です。


Googleによる記事の評価基準の中でコンテンツと被リンクが重要な要素であるということは、わたしの想像ではなく2016年3月にGoogleが公式に発言したものになります。


コンテンツは、内容や中身という意味です。


ブログに当てはめるなら、コンテンツという言葉の意味は「ブログに書かれている情報の内容」となります。


つまり、単純に記事がたくさんあるブログではなく、
多くの人に役立つ情報がたくさんあるブログはコンテンツの質と量が多いといえるため、
そんなブログがgoogleから良い評価を受けられるということになるわけです。


また、被リンクというのは、あなたのブログに向かって張られたリンクのことです。


もしかしたら、意味がよくわからないかもしれませんので被リンクの例を出します。


『インターネットを使ったことがある人ならおそらく誰もが知っているウェブサイトがあります。
それは、Yahoo!JAPANです。』


わたしは、今あなたが読んでいるこの記事からYahoo!JAPANのトップページに対してリンクを張りました。


Yahoo!JAPANからしてみれば、「露崎のブログ」というウェブサイトからリンクを張られた、ということになります。


これが被リンクです。


質の良い被リンクの数が多いブログほど、googleから良い評価を受けられます。


質の良い被リンクというのは、コンテンツの質が良いウェブサイトから張られたリンクのことです。


Googleがウェブサイトを評価する際に重要視する「コンテンツと被リンク」についてお話ししましたが、
このどちらについても、記事をたくさん書けば書くほど得られる可能性が高まります。


記事の数が増えれば増えるほどブログ全体としての「コンテンツの質は上がる」傾向にありますし、
人の目につく可能性も上がります。


そして、コンテンツの質が上がり、人の目につく可能性が上がれば「被リンクが増える」傾向にあるためです。


こういった背景から、
「記事の数が増えれば上位表示されやすくなる。」
「100記事書けば上位表示されやすくなる。」
という話ができたのだと思います。


記事を上位表示させるには。

ここまでお読みいただければおわかりいただけたと思いますが、
キーワードによっては記事の数が多いというだけでは記事を上位表示させるのはむずかしいです。


特に多くの人がブログを書くようになってきた現在では、
それだけライバルの数も多くなってきているためです。


この記事をここまで読んだあなたは、
記事数を増やすことを目的としてただただ記事を書いていくのではなく、
「読んだ人が満足できるように」、
「読んだ人に価値を与えられるように」、
コンテンツの質に気をつけながら記事を書き続けることを心がけることをおすすめします。


そうすれば、いつかは狙ったキーワードで記事を上位表示させることができるようになるはずです。